報告書を希望される方へ


1 彩の国さいたま人づくり広域連合の構成団体(埼玉県及び県内市町村)が業務上で使用される場合。(無償です)
  送付依頼文書(事務連絡)を事務局長あてに送付してください。(e-mail可)→宛先(jinzai03@hitozukuri.or.jp)
  送付依頼文書には、@「必要報告書名」A「必要冊数」B「必要とする理由」を記載してください。


2 その他の場合(有償になります。1冊500円) 申込書はこちら
  なお、平成20年度から平成26年度の政策課題研究報告書については、ホームページ上からダウンロードできます。
  報告書リンク⇒ こちら


 (1)来所のうえ購入を希望される場合

   当広域連合 政策管理部にて販売しております。



 (2)郵送を希望される場合 申込書はこちら

    支払方法
     ア 郵便為替

       @500円×冊数の定額小為替(郵便為替)と、
       AA4判冊子の入る返信用封筒(送付先宛名を記載)に
         ゆうメール
と赤書きし、重量分の切手を貼付し、
        下記までお送りください。内容を確認した後、報告書を郵送いたします。
     
   
     〒331−0804 埼玉県さいたま市北区土呂町2−24−1
         彩の国さいたま人づくり広域連合
          政策管理部「研究報告書」担当 あて


     イ 銀行振込

       @広域連合政策管理部に、e-mailまたはFAX(048-664-6667)で申込書を送付してください。
       A広域連合の担当から、郵送料込みの金額と振込先口座をご連絡します。
       B指定の口座にお振り込みください。(手数料はご負担願います。)
       C口座入金確認後、報告書を郵送いたします。


     ウ 納入通知書
       @広域連合政策管理部に、e-mailまたはFAX(048-664-6667)で申込書を送付してください。
       A広域連合の担当から、全額(送料含む)を記載した納入通知書を送付します。
       B納入通知書により、指定の期日までに入金をお願いします。
       C入金確認後、報告書を郵送いたします。


 ※当広域連合は特別地方公共団体ですので、「請求書」の発行は出来ません。予めご了承ください。
 ※その他ご不明な点は、048(664)6681までお問い合わせ下さい。

 ※各報告書の1冊あたりの重量

平成12年度 平成13年度 平成14年度
CVMの導入 250g 隠れたコストを明らかに 440g 自治体雇用政策 320g
あなたのまちにPFI 330g お役所を変えるPFI 280g プロジェクトtaX 290g
NPO読本 220g 行政が変わる!学校 260g
平成15年度 平成16年度 平成17年度
財政危機を乗り切る 250g 明日からのNPM 470g 目標管理による人事評価制度の導入 595g
高齢社会と地域振興 240g 健全な道路を維持するために 災害協定について考える
幼保一元化 310g 指定管理者制度の手引き 「自治体」病院経営の健康チェック
Let's合意together!! 300g ※平成16年度共同研究は上記3研究で1冊です。 ※平成17年度共同研究は上記3研究合冊です。
入門 道州制 300g 自治体版市場化テスト 350g
平成18年度 平成19年度 平成20年度
豊かな人口減少社会に向けて 550g ワーク・ライフ・バランス推進で活力に満ちた自治体組織へ 420g 見える!見せます!財政状況 490g
自治体と『企業・大学・NPO』との連携 これからの地域公共施設の役割・機能 温暖化対策における自治体の役割
※平成18年度共同研究は上記2研究合冊です。 ※平成19年度共同研究は上記2研究合冊です。 ※平成20年度共同研究は上記2研究合冊です。
ニュータウンからみる埼玉県の未来 300g 地域学の可能性 156g
平成21年度 平成22年度 平成23年度
豊かな地域社会創造のための官民連携 400g 地域の生活環境問題の解決に向けて〜ごみ屋敷を通じて考える〜 410g 都市部における緑地の保全 542g
広域行政活用のススメ!〜これからの自治体運営の選択肢〜 埼玉×観光〜地域を豊かにする物語〜 より良い被災者支援のための自治体のあり方〜東日本大震災を受けて〜
※平成21年度共同研究は上記2研究合冊です。 ※平成22年度共同研究は上記2研究合冊です。 ※平成23年度共同研究は上記2研究合冊です。
平成24年度 平成25年度 平成26年度
歴史的景観を生かした地域の活性化〜粕壁塾を事例として〜   438g  観光資源としての農業の可能性〜久喜市をフィールドにして〜  570g  地域ブランドプロモーション〜Road to 2020 オリンピック・パラリンピック〜   427g
自治体IT戦略〜SNSによる住民サービス向上の可能性〜 自治体FM戦略〜公共施設管理の最適化に向けて〜 ビッグデータ・オープンデータ活用戦略〜「宝の山」の活かし方〜
※平成24年度共同研究は上記2研究合冊です。 ※平成25年度共同研究は上記2研究合冊です。 ※平成26年度共同研究は上記2研究合冊です。

ゆうメールの料金

政策管理部のページに戻る