すてっぷあっぷ講座 〜平成14年度 行政課題研究〜
         分権時代の自治体職員のあり方
                

平成14年11月27日(水)午後2時から

 会  場  県民健康センター 大ホール (JR浦和駅西口から徒歩約10分)
 対象者  県内自治体職員
 定  員  300名
 参加費  無  料

  自治体再編の流れのなかで、合併を選択した市町村・しなかった市町村、
そして県の姿はどうなっていくのか。住民意識はどう変化していくのか。それら
を背景として生じてくる様々な問題について、われわれ自治体職員がやらなけ
ればならないことは何なのかを語ってもらう。

 プログラム                           

 受付開始   13:30〜
 あいさつ   14:00〜14:10
 講   演   14:10〜15:40
 質疑応答   15:40〜15:55
 閉   会   16:00
 
 【講師紹介】

  新藤宗幸(しんどうむねゆき)氏
  1972年中央大学法学研究科修士課程修了。東京市政調査会研究員、専修大学法学部助教授、
 立教大学法学部教授などを経て、2002年4月より千葉大学法経学部教授。
  日本行政学会理事、日本政治学会理事、自治体学会代表運営委員、日本学術会議政治学研究
 連絡委員会委員。