〜平成17年度 第2回行政課題研究会〜

自治体職員の人材マネジメント

今、地方自治体は、地方分権、財政難、少子高齢社会の到来等により、少ない人員で多くの行政需要に応えていかなければならない状況にあります。そうなると、自治体は、職員一人一人のやる気を奮い立たせ、実力を発揮できるような組織に変わっていくことが求められており、職員の育成、配置、評価、処遇などの人材マネジメントが重要になっています。当研究会は、東京大学社会科学研究所教授である佐藤博樹氏及び埼玉県経営者協会専務理事である野上武利氏の御講演から、参加者の皆さんが自治体職員の人材マネジメントについて理解を深めていただくことを目的としています。

講 演

1 講演1 「人材活用と管理者の役割」
       東京大学社会科学研究所教授
         佐 藤 博 樹 氏

2 講演2 「変革期における民間の人事戦略」
       埼玉県経営者協会専務理事
         野 上 武 利 氏

開催日時 平成17年11月28日(月)
       午後1時30分〜4時30分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会 場 コミュニティプラザコルソ7階ホール (JR浦和駅西口)
定 員         200名
対 象 埼玉県内自治体職員
参加費         無 料

【お問い合せ先】
彩の国さいたま人づくり広域連合 自治人材開発センタ− 政策研究部
TEL
 048−664−6681  FAX 048−664−6667
e-Mail
 jinzai03@hitozukuri.or.jp

 

【講師紹介】

佐藤 博樹(さとう ひろき)氏

現 職 東京大学社会科学研究所教授

略 歴 19763月 一橋大学社会学部卒業

     19813月 一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得

     19814月 雇用職業総合研究所(現・労働政策研究・研修機構)研究員

     19837月 法政大学大原社会問題研究所助教授

      19968月 東京大学社会科学研究所教授(現在に至る)

公職等 労働政策審議会(厚生労働省)委員、

多様な勤務形態に関する研究会(人事院)座長など

著書等 「マテリアル人事労務管理」(共著)有斐閣

    「成長と人材−伸びる企業の人材戦略−」(共編著)勁草書房

       「変わる働き方とキャリア・デザイン」(編著)勁草書房

       「人事管理入門」(共著)日本経済新聞社

       「男性の育児休業:社員のニーズ、会社のメリット」(共著)中公新書など

 

 

野上 武利(のがみ たけとし)氏

現 職 埼玉県経営者協会専務理事

略 歴 1967年 東京教育大学卒業、埼玉銀行(現埼玉りそな銀行)入行

       武蔵藤沢支店長、業務推進役、大宮西支店長、綱島支店長

      1995年 社団法人埼玉県経営者協会専務理事(現在に至る)

公職等

 国関連 独立行政法人国立女性教育会会館運営委員

        厚生労働省 埼玉労働局 埼玉労働審議会委員

県関連 埼玉県労働委員会使用者委員、埼玉県男女共同参画審議会委員、

埼玉県産業教育審議会委員、

埼玉県経済振興プロジェクトチームメンバー

日本経団連 日本経団連 産業活性化・中小企業特別委員会委員

その他 埼玉県産業教育振興会常任理事、ものつくり大学将来計画委員会委員