〜平成22年度第2回行政課題研究セミナー(すてっぷあっぷ講座)〜

コミ二ティビジネスの可能性を探る
〜新たなパートナーシップの構築に向けて〜

  彩の国さいたま人づくり広域連合では、毎年、構成団体職員(県内自治体職員)を対象とした、自治体が直面する政策課題について、問題点を明らかにし、今後の方向性や解決策を見出すために、有識者の講演や事例発表などによる、行政課題研究セミナー(すてっぷあっぷ講座)を実施しております。今年度第2回目は、「コミュニティビジネス」について取り上げ、今後の可能性や行政と「コミュニティビジネス」とのパートナーシップの在り方等について考えるセミナーを企画しました。
 地域において様々な社会的な問題が顕在化しつつある中で、住民が主体となり、ビジネスの手法を用いて地域課題を解決する「コミュニティビジネス」が、今、注目を集めています。「コミュニティビジネス」は、地域に密着した事業を行うことから、地元自治体がパートナーシップを発揮することで、活動が促進されるとともに,地域の実情を踏まえたより質の高い公共的サービスの提供が可能になると言われています。
 しかしながら、行政と「コミュ二ティビジネス」のパートナーシップが進んでいる地域はまだ一部であり、いまだに「コミニュティビジネス」に対する認知度が低い地域も多いと言われてます。
  そこで、当セミナーでは、「コミュニュティビジネス」を取り巻く現状や課題を踏まえ、今後の可能性を探るとともに、「コミュ二
ティビジネス」と行政とのパーナーシップを促進していくためにはどうしたらよいのかについて考えます。


 開催日時
平成23年1月19日(水) 13時10分〜16時30分

  
◎基調講演  『地域に広がるコミュ二ティビジネス
          −21世紀社会デザインのなかでの協働の可能性』
 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科委員長・教授 中村 陽一氏
  ◎パネルディ
   スカッション
 『コミュニティビジネスのプラットフォーム構築−現場からの可能性』
 コーディネーター 
    立教大学大学院21世紀デザイン研究科委員長・教授 中村 陽一 氏

 パネリスト
  NPO法人コミュ二ティビジネスサポートセンター        桑原  静  氏
  NPO法人鶴ヶ島市学童保育の会相談役・事務局長      浅見  要  氏
  さいたま市経済局経済部経済政策課総務係長         江幡 暢弘 氏
 
※各講師の御経歴等はこちら



※当日の様子は こちら


【お問い合せ ・ 参加申込先】
彩の国さいたま人づくり広域連合 政策管理部政策研究担当
T E L : 048−664−6681
F A X : 048−664−6667
MAIL : jinzai03@hitozukuri.or.jp