〜平成24年度第1回行政課題研究セミナー(すてっぷあっぷ講座)〜

公共施設の最適な管理・活用について考える 自治体ファシリティマネジメント


  彩の国さいたま人づくり広域連合では、毎年、構成団体職員(県内自治体職員)を対象とした、自治体が直面する政策課題について、問題点を明らかにし、今後の方向性や解決策を見出すために、有識者の講演や事例発表などによる、行政課題研究セミナー(すてっぷあっぷ講座)を実施しております。今年度第1回目は、公共施設の最適な管理・活用について考えるセミナーを企画しました。
  高度経済成長期に集中的に建設された公共施設は道路・橋梁などのインフラも含め老朽化が進み、その維持に必要なコストは、自治体にとって多大な財政負担となっています。
  また、人口減少、少子高齢化、住民ニーズの多様化、市町村合併など公共施設を取り巻く環境も変化しています。
  こうした中、施設・設備等をはじめとする財産を経営資産と捉え、総合的・長期的観点で管理・活用する「ファシリティマネジメント」を導入する自治体の取組が注目されています。
  本セミナーでは、事例を踏まえながら、ファシリティマネジメントの理解を深めるとともに、公共施設の計画的な更新や有効活用、総量の適正化など、最適化へ向けた今後の戦略について考えます。


 開催日時
平成25年1月9日(水) 13時00分〜16時30分

  
◎基調講演   『 公共施設の有効活用とファシリティマネジメント 』
 プロコード・コンサルティング 代表  松成 和夫 氏
◎パネルディスカッション 『 公共施設の最適化 』
 パネリスト:青森県総務部財産管理課ファシリティマネジメント・財産グループ
          主幹  駒井 裕民 氏
         佐倉市資産管理経営室/教育委員会教育総務課
          主幹  池澤 龍三 氏 
  コーディネーター:松成 和夫 氏 

          
※各講師の御経歴等はこちら


※当日の様子はこちら

 

【お問い合せ ・ 参加申込先】
彩の国さいたま人づくり広域連合 政策管理部政策研究担当
T E L : 048−664−6681
F A X : 048−664−6667
MAIL : jinzai03@hitozukuri.or.jp