〜平成25年度 すてっぷあっぷ講座〜

ICTは地域をつなぐ 〜自治体は「宝の山」を活用できるか〜

  彩の国さいたま人づくり広域連合では、毎年、構成団体職員(県内自治体職員)を対象とした、自治体が直面する政策課題について、問題点を明らかにし、今後の方向性や解決策を見出すために、有識者を招いて講演などによる、すてっぷあっぷ講座を実施しております。今年度は、ICTは地域をつなぐというテーマでセミナーを企画しました。
  ICT(情報通信技術:Information and Communication Technology)は、社会的課題の解決や新産業創出のための有効な手段として期待されており、国も「ICT成長戦略会議」の議論を通じて、ICTを活用した地域づくりを積極的に推進しようとしています。
  こうした中、一部の自治体では、ICTを活用した「活力ある超高齢社会の実現」など、行政課題の解決に向けた「宝の山」の活用への挑戦が始まっています。
  本セミナーでは、医療・介護、産業・雇用、都市整備、教育などの行政分野において、ICTを活用した取組を進めている自治体の事例を踏まえながら、オープンデータやビッグデータ、マイナンバー制度への対応などを含めた「ICTを活用した自治体の地域づくり」について考えます。


 開催日時
 平成26年1月22日(水) 14時00分〜16時30分



        講  演  「ICTは地域をつなぐ〜自治体は『宝の山』を活用できるか〜」  

        講  師  東京大学大学院情報学環 学環長 
                  大学院学際情報学府 学府長 教授 須藤修 氏

 ※講師の御経歴等はこちら


  

※当日の様子はこちら

 

【お問い合せ ・ 参加申込先】
彩の国さいたま人づくり広域連合 政策管理部政策研究担当
T E L : 048−664−6681
F A X : 048−664−6667
MAIL : jinzai03@hitozukuri.or.jp