この画像は広域連合のロゴです

この画像はThink-ingのロゴです
vol.1

Think-ingを読むには  

「Think-ing」は、政策形成能力が向上が求められる時代の要請に応え、自治体職員の取り組み・意欲を喚起し、政策主導型自治体への転換に寄与することを目的として、平成11年度に創刊号を発刊して以来、毎年度発行しています。

CONTENTS

特別寄稿−地方分権−
分権時代と広域行政の推進            東京大学教授 大森 彌
まちづくり条例に関する一考察          政策研究大学院大学助教授 辻 琢也
福祉行政の分権・再編               東京都立大学法学部助教授 大杉 覚

テーマ論文−地方分権−
ポスト地方分権                   埼玉県所沢保健所主事 丸山 英昭
分権改革と人材育成               上尾市秘書室主事 野崎 孝幸

自由研究論文
我々はどこに立ち何を見るのか            埼玉県熊谷県税事務所課長 江原 洋一
中心市街地の活性化について             埼玉県住宅部市部都市整備課主査 大森 享
雨水利用のすすめ                    所沢市都市整備部営繕課主査 関根 久雄
自治体における政策評価の手法と総合化について 埼玉県企業局経営政策室長付主査 加藤 誠
市民と行政のパートナーシップの実現を目指して  蓮田市市民経済部自治振興課係長 小林 正

大学院派遣研修論文
社会福祉改革と地方自治        厚生省社会・援護局企画課社会福祉専門官 平野 方紹
大都市圏(東京圏)における市町村合併の必要性と進め方に関する研究
                             埼玉県環境生活部県民生活課主任 和田 公雄
分権稚進と新たな政府間調整ルール   埼玉県労働商工部商業振興課専門調査員 堀口 晶子
政策評価の方法とシステムについて        埼玉県住宅都市部開発指導課主事 小山 省吾
広域行政の新たな展開                              中央複合都市圏チーム
減らしていますか?21世紀へのゴミ           加須市建設部都市整備課主任 野本 孝弘
広域行政の可能性を探る                    埼玉県総務部文書課主査 石川 幸雄
少子・高齢化社会における行政のあり方  埼玉県総合政策部まちづくり支援課主事 川西 潤一
介護保険制度の導入と地域づくり(第1章)    埼玉県労働商工部工業振興課主査 島田 邦弘
介護保険制度の導入と地域づくり(第2章)    熊谷市保険福祉部高齢福祉課主任 高野 睦子
介護保険制度の導入と地域づくり(第3章)    神泉村産業観光課係長 小島 勇一
秩父DEごみ減らし                  埼玉県秩父農林振興センター技師 木原 大太郎
『元気のでる中小企業』の研究             埼玉県健康福祉部国保医療課主幹 西澤 實
市制100周年のまちづくりを考える             熊谷市環境部環境保全課主査 森松 寿夫
職員の政策形成能力の育成を行う       桶川市政策推進部政策管理課主席主任 折原 和彦
政策研究専門部会の取り組みについて          草加市企画財政部企画課主査 和気 敦志
                                  越谷市企画部企画課主任 柳澤 徹




Think-ingを読みたい方はこちら