政策情報誌「Think-ing」 第20号

平成31年3月発行

※敬称略

特集「これからの自治体職員のあり方とは」

一括ダウンロードはこちら(約7MB)

表紙  ■目次  ■テーマ設定の趣旨







特別寄稿

日本の役所は大転換期
内閣官房参与
慶應義塾大学法学部講師 岡本 全勝

公共政策と自治体職員の未来像
明治大学 名誉教授 青山 佾

AI時代における自治体職員のあり方について
早稲田大学政治経済学術院 教授 稲継 裕昭

グローバルイシューと自治体職員 ~地球温暖化とSDGsを事例に~
横浜国立大学大学院 国際社会科学研究院 教授 小池 治

地域とともに手ごたえある仕事をする存在をめざして ~社会デザインからみた「これからの自治体職員」が実践する <関係性を活かすワーク、編み直すワーク>~
立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 教授 中村 陽一

地方自治体における政策研究の視点と自治体行政の展望 ~地方創生時代に自治体(職員)はどうしていけばいいのか~
関東学院大学法学部 地域創生学科 准教授 牧瀬 稔 

 
特集論文
社会教育主事として35年働いて ~専門職員の位置付けを問う~
春日部市中央公民館 城田 徹

これからの土木技術職員像について ~現場へ行こう!!~
蓮田市道路課 平川 義明

「新採用職員育成塾」の取組紹介 ~継続的な学びあいで組織力の底上げをねらう~
宮代町総務課 川﨑 章人
 
自由論文
不登校児童生徒に対する支援に係る現状と課題 ~教育機会確保法の制定を踏まえ~
埼玉県教育局生徒指導課 中島 淳

マイナス金利政策時代に求められる自治体の財務戦略 ~資金調達と基金運用の最適化を図る~
埼玉県財政課 堀口 隼
会計管理課 雪平 宏
 
政策研究
活動報告
地球は回る、未来をのせて ~空き家を未然に防ぐために~
川口市 平成30年度政策課題共同研究研修 研究メンバー

所沢・飯能・狭山・入間 埼玉県西部地域まちづくり協議会における政策形成研修
埼玉県西部地域まちづくり協議会 平成29年度政策形成研修 研修生(A班・B班)
 
政策形成の
トレンド紹介
ニューヨークと横浜市にみるエビデンスに基づく政策形成(EBPM)の推進
横浜市財政局財政担当課長
独立行政法人経済産業研究所 (RIETI)コンサルティングフェロー 津田 広和
 
広域連合
より
彩の国さいたま人づくり広域連合 研修紹介(平成30年度新規研修

平成30年度 人材交流事業「民間企業等への職員派遣について」(市町村)

彩の国さいたま人づくり広域連合第5次広域計画を策定しました

「Think-ing」これまでの特集テーマ一覧

あとがき
ページの先頭へ

バックナンバーはこちら(Think-ing TOPへ)

政策研究トップへ