政策情報誌「Think-ing」 第22号

令和3年3月発行

※敬称略

特集「シェアリングエコノミー ~つないで活かす地域資源~」

一括ダウンロードはこちら(約6MB)

表紙  ■目次  ■テーマ設定の趣旨



特別寄稿

シェアリングエコノミーの今日的意義と課題
千葉商科大学 人間社会学部 教授 伊藤 宏一

地方自治体における政策実現型クラウドファンディングの効果
大阪市立大学大学院 都市経営研究科 教授 佐野 修久

自治体の活用事例から見るシェアリングエコノミーについて
  (「シェアリングエコノミー活用推進事業」等の取り組みから)
大和総研 経済調査部 主任研究員 市川 拓也

シェアリングシティの展望 海外事例とデータ活用の視点を交えて
武蔵大学 社会学部 教授 庄司 昌彦

 
インタビュー
シェアリングエコノミーの普及に向けた様々な取組
一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長 石山 アンジュ

シェアリングエコノミーを活用した遊休不動産の活性化について
株式会社スペースマーケット 代表取締役社長 重松 大輔
 
特集論文
官民連携プラットフォーム「よこらぼ」 ~事業を通じて取り組むシェアリングについて~
横瀬町 まち経営課 細越 望海
 
自由論文
市町村における大学連携を軸とした地方創生の実証
  (大学なし!予算なし!でも可能な連携手法の考察)

埼玉県議会事務局秘書課 中島 直輝
皆野町 みらい創造課 黒澤 栄則

自治体発のGovTech Innovation ~Urban Innovation KOBEを事例として~
新座市 みどりと公園課 水野 淳史

行政のデジタル・トランスフォーメーション ~ウィズ・アフターコロナ時代~
埼玉県 企画総務課(全国知事会派遣) 村上 剛史

埼玉県環境科学国際センター ~開設20周年を迎えて、これまでとこれから~
埼玉県 環境科学国際センター 立花 幹
 
政策研究
活動報告
AI等の活用に関する調査研究 「市民の期待に応え、信頼される行政を推進するまち」を目指すために
春日部市 令和元年度かすかべ未来研究所 調査研究チーム
 
産民学官・
政策課題
共同研究関連
地域共生社会の実現にむけたSB支援のまなざし
  ソーシャルビジネスを通して社会関係資本を豊かにする

社会情報大学院大学 広報・情報研究科 教授 坂本 文武
 
広域連合
より
広域連合研修紹介 (令和2年度新規研修) 判断力・決断力向上 (県・市町村共同)

広域連合研修紹介 (令和2年度特別研修) 人づくりセミナー (県・市町村合同)

「産民学官・政策課題共同研究」 「政策研究に関する総合的な支援」の紹介

「Think-ing」これまでの特集テーマ一覧

あとがき

ページの先頭へ

バックナンバーはこちら(Think-ing TOPへ)

政策研究トップへ