入間市  

香り豊かな緑の文化都市

庁舎写真 入間市は、埼玉県南西部の都心から40 km圏に位置しており、首都圏にあって変化に富んだ自然と、その中で育まれる文化やコミュニティ活動の豊かさが大きな特色となっています。県下最大の狭山茶の産地であり、その生産量、栽培面積も県下一を誇っています。また、近年は、大型アウトレットモールに広域から多くの来場者が集まるなど、新たな入間市の顔となっています。
 「香り豊かな緑の文化都市」を将来都市像としてまちづくりを進め、平成28年には市制施行50周年の節目の年を迎えました。第6次入間市総合計画では、これから10年間のまちづくりの目標を「みんなでつくる 住みやすさが実感できるまち いるま」として掲げ、多くの皆様に「このまちに住み続けたい」「住んでみたい」と思っていただけるよう、さまざまな施策を展開しています。

入間市からのメッセージ

 武蔵野の緑豊かな自然環境の中にある入間市は、「香り豊かな緑の文化都市」を将来都市像として、人と自然が共生できる住みよいまちづくりの実現を目指し、職員が一丸となって取り組んでいます。
 入間市は「元気で意欲的に仕事に取り組む職員」を求めています。あなたの魅力と能力を入間市のまちづくりに活かしてみませんか。

資料の入手先 市役所B棟人事課、入間市役所ホームページ(ダウンロード可)

入間市のデータ

面積 44.69km2 郵便番号 358-8511
人口 148,733人   本庁所在地 入間市豊岡1-16-1
職員数 868人   問合わせ先 人事課人事給与担当
      電話番号 04-2964-1111
      最寄り駅 西武線「入間市駅」(徒歩10分)
ホームページURL http://www.city.iruma.saitama.jp/

採用実績

  受験者総数 最終合格者数 採用職種
平成28年度

449

52(採用者数) 事務職・土木・建築・電気・保育士・保健師・精神保健福祉士・給食調理員
平成27年度 196 45 事務職、土木、建築、機械、保育士、保健師、精神保健福祉士、給食調理員

この画面の最初へ

COPYRIGHT (C) 2004- 彩の国さいたま人づくり広域連合