川越市  

時が人を結ぶまち川越

川越のシンボル「時の鐘」と蔵造りの商家 川越市は、都心から30km圏内に位置し、古くから埼玉県内南西部地域における産業、経済、文化、観光などの中心都市として発展してきました。また、市内には蔵造りの街並みや川越まつりなど、魅力ある歴史的・文化的遺産が残っており、観光地として高い人気を集めています。
 大正11年12月に埼玉県内ではじめて市制を施行しました。平成15年4月には、政令指定都市に次ぐ権限を持つ「中核市」に移行し、地域にふさわしいきめの細かい行政サービスを提供しています。

川越市からのメッセージ

 川越市を取り巻く社会状況は、人口減少と少子高齢化の進行、それに伴う地域コミュニティの機能の低下、情報通信技術の発達、環境問題の深刻化など、対応すべき課題が山積しています。
 このような状況において、市職員には、市民のさまざまなニーズに対応し、持続的に質の高い行政サービスを提供していくため、環境の変化を的確に把握し、常に改善・改革の意識を持ち、住民とともにまちづくりに取り組んでいくことが求められます。
 「人がつながり、魅力があふれ、だれもが住み続けたいと思えるまちづくり」を進めていくため、柔軟な思考力と困難な課題にも果敢に挑戦する意欲、行動力に富んだ人材をお待ちしています。

資料の入手先 市役所、市民センター、南連絡所(アトレ1階)、本川越駅証明センター(西武本川越ペペ2階)、ウェスタ川越証明センター(ウェスタ川越1階)

川越市のデータ

面積 109.13km2 郵便番号 350-8601
人口 351,863人   本庁所在地 川越市元町1-3-1
職員数 2,346人   問合わせ先 職員課人事担当
      電話番号 049-224-5553
      最寄り駅 JR・東武線「川越駅」・西武線「本川越駅」(バス利用)
ホームページURL http://www.city.kawagoe.saitama.jp/

採用実績

  受験者総数 最終合格者数 採用職種
平成28年度

772

61※採用者数 一般事務、土木、電気、保健師、獣医師、保育士、社会福祉士、弁護士、一般事務(身体障害者採用)、工務員、用務員
平成27年度 829 96 一般事務、土木、保健師、保育士、社会福祉士、一般事務(身体障害者採用)、土木・建築・電気(職務経験者採用)

この画面の最初へ

COPYRIGHT (C) 2004- 彩の国さいたま人づくり広域連合