政策情報誌「Think-ing」 第21号

令和2年3月発行

※敬称略

特集「AI×自治体-AI活用で切り開く新時代」

一括ダウンロードはこちら(約7MB)

表紙  ■目次  ■テーマ設定の趣旨







特別寄稿

AIの基礎知識と今後の社会について
国立情報学研究所・総合研究大学院大学教授 山田 誠二

地方自治体の行政経営とAI
北海道大学法学研究科・公共政策大学院教授 宮脇 淳

AIはどこまで自治体業務に活用できるか
一般社団法人行政情報システム研究所 調査普及部長 主席研究員 狩野 英司

エビデンスに基づく政策立案の更なる推進- EBPM × AI -
株式会社三菱総合研究所 社会ICTソリューション本部主任研究員 川端 洋平

AI時代に必要となる人材及び人材育成
HIRO研究所代表 廣川 聡美

地方自治体におけるAI・RPAの利用に伴う業務の効率化への期待と課題
慶應義塾大学総合政策学部教授 新保 史生 

 
特集論文
埼玉県におけるAI、RPA等先進技術を活用した取組~スマート自治体の実現に向けて~
埼玉県改革推進課 上田 真臣
 
自由論文
官民連携による行政課題の解消について(官民連携プラットフォーム「Sai-Co-Lo」による支援)
埼玉県改革推進課 的場 啓祐

アメリカにおける公共交通を重視したまちづくり-ポートランド都市圏を中心に-
埼玉県田園都市づくり課 宮沢 康則

ウィキペディアタウンの取組紹介~街歩き×魅力発信×情報発信~
埼玉県立熊谷図書館 飯田 優子

『切れ目のない災害対応事務体制』に挑戦
和光市危機管理監 仲 司
 
政策研究
活動報告
カレラを止めるな!~子どもたちの知的好奇心のその先に~
川口市 令和元年度政策課題共同研究研修 研究メンバー

所沢・飯能・狭山・入間 埼玉県西部地域まちづくり協議会における政策形成研修
埼玉県西部地域まちづくり協議会 平成30年度政策形成研修 研修生(A班・B班)
 
政策形成の
トレンド紹介
証拠に基づく政策立案EBPMと自治体経営のこれから
首都大学東京法学部教授 大杉 覚
 
広域連合
より
広域連合研修紹介(令和元年度新規研修) LGBT基礎研修 (県・市町村共同)

■広域連合研修紹介(令和元年度新規研修) 協働コーディネート能力(つなぐ力)向上 (市町村職員研修)

「産民学官・政策課題共同研究」「政策研究に関する総合的な支援」の紹介

「Think-ing」これまでの特集テーマ一覧

あとがき
ページの先頭へ

バックナンバーはこちら(Think-ing TOPへ)

政策研究トップへ