平成16年度 政策研究発表会

講演:地方自治を実現する政策法学

講師 神戸大学大学院法学研究科教授 阿部泰隆

政 策 研 究 発 表
「入門!『道州制』」、「財政危機を乗り切る予算編成」
「豊かな高齢社会と地域振興」、「幼保一元化」
「公共事業における住民合意形成」

 地方分権、市町村合併、道州制―。これらの大きな変化の中で、国、地方、そして公務員は どこへ行こうとしているのか。グローバル化、低成長経済など急速に変化する社会において、住民もまた、先行き不透明な状況に置かれています。
 今回の政策研究発表会では、神戸大学大学院の阿部泰隆教授に、地方自治体職員が地域の問題を見いだし、自ら解決していくための政策法学についてお話しいただきます。
 また、当日は、平成15年度の県・市町村職員による政策課題共同研究の成果発表を行います。 (「入門!『道州制』」「財政危機を乗り切る予算編成」「豊かな高齢社会と地域振興」「幼保一元化」「住民合意形成」の5研究)。 さらに、自主的に政策研究を行っている「現代経営文化研究会」による発表もありますので、ご期待ください。

1 開催日 平成16年6月4日(金)午前10時30分から午後4時30分
        (受付午前10時30分から)

2 会  場 会  場 埼玉会館〔小ホール〕
3 対象者 一般・自治体職員
4 定  員 500名
5 参加費 無 料
6 プログラム

10:00〜 受付開始
10:30〜
10:35
開会・あいさつ
10:35〜
11:00
自発的研究グループ「現代経営文化研究会」の発表
 「埼玉観光の活性化の方策について」
11:00〜
11:30
行政課題研究の発表
 「入門!『道州制』」
11:30〜
12:00
平成15年度政策課題共同研究の発表@
 「財政危機を乗り切る予算編成」
12:00〜
13:00
休憩
13:00〜
13:30
平成15年度政策課題共同研究の発表A
 「豊かな高齢社会と地域振興」
13:30〜
14:00
平成15年度政策課題共同研究の発表B
 「幼保一元化」
14:00〜
14:30
平成15年度政策課題共同研究の発表C
 「公共事業における住民合意形成」
14:30〜
14:45
休憩
14:45〜
16:30
講 演
 「地方自治を実現する政策法学」
  講師 阿部泰隆 神戸大学大学院法学研究科教授
16:30 閉会

【講師紹介】  阿部 泰隆(あべ やすたか) 氏
神戸大学大学院法学研究科教授
経 歴
 1942年生まれ。1964年東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手、神戸大学法学部助教授、 教授を経て現職。東京大学法学博士。(1972年6月、論文博士)
 訴訟法務、解釈法務、立法法務に分けられる役所の法務のうち、阿部教授は立法法務を「政策法学」とよび、 実際の提案を法制度化する具体的な提案を行い、政策的に妥当か、訴訟に耐えうるかを念頭におき、 適法・妥当かつ実効性のある法律案・条例案を作成するための基本的な考え方を考究することを目標としています。
 これまでの「官によるコントロール」から「民によるコントロール」の時代へと変わる中、地方では財政危機といった事情の他に、 地方分権の推進、住民参加、情報公開、行政手続などの法 整備を背景に、自ら政策を自己責任で立案して執行する時代となりました。 自治体は競争して自 らの道を切り開き所管官庁にお伺いを立てる「守りの法務」から、 積極的な「やわらか頭の」「攻めの法務」への転換が要請されていることから、 今回この分野の第一人者である阿部教授をお招 きし、御講演いただくこととしました。
  著書に、「政策法務からの提言」「政策法学の基本指針」、「政策法学と自治体条例」 「やわらか頭の法政策」、「政策法学講座」他多数。


【会場案内】

埼玉会館〔小ホール〕
浦和市高砂3-1-4
電話048-829-2471
※JR浦和駅(西口)下車 徒歩10分
この画像は会場周辺の地図です



 問合せ 彩の国さいたま人づくり広域連合
         自治人材開発センター 政策管理部
       Tel:048−664−6681 Fax:048−664−6667
       E-mail:jinzai03@hitozukuri.or.jp