桶川市  

みんなで つくり 育む 活気あふれる交流拠点都市 おけがわ

平成30年度 新庁舎完成予定 桶川市は、都心から40km圏に位置し、通勤や通学の利便性も良いことから、首都圏近郊の住宅都市として発展しました。東京オリンピックが開催される2020年には市制施行50周年を迎えます。
 古くは、江戸時代に米や麦、べに花などの集散地として、また、中山道の6番目の宿場町として栄えた歴史があります。
 近年では、上野東京ラインの開通によるJR高崎線と東海道線の相互乗り入れ、圏央道の開通など、交通利便性が向上しており、「交流拠点都市」のさらなる発展が見込まれています。
 歴史と新しい時代に相応しいまちづくりの共存を実現するため、市は「みんなで つくり 育む 活気あふれる交流拠点都市 おけがわ」を将来像として、市民サービスの向上や、まちの活性化を目指した施策に取り組んでいます。
 平成30年5月には、新たな市民サービスの拠点として新庁舎が完成しました。限られた敷地を最大限有効活用し、周辺環境を考慮した5階建ての建物となっています。自然エネルギーの活用や省エネルギー化など、環境負荷にも配慮した庁舎となりました。

桶川市からのメッセージ

 桶川市では、常に向上心を忘れず、様々な課題に積極的にチャレンジし、周囲と協力しながら物事に取り組むことができる人財を求めています。
 完成したばかりの新しい庁舎で、一緒に桶川市の未来を築いていきましょう。

資料の入手先 市役所(総合案内、職員課)、駅西口図書館、丸善桶川店

桶川市のデータ

面積 25.35km2 郵便番号 363-8501
人口 75,330人   本庁所在地 桶川市泉一丁目3番28号
職員数 440名   問合わせ先 職員課
      電話番号 048-786-3211
      最寄り駅 JR「桶川駅」(徒歩10分)
ホームページURL http://www.city.okegawa.lg.jp/

採用実績

  受験者総数 最終合格者数 採用職種
平成29年度

103

8 事務職(一般)、保育士職、保健師職
平成28年度 177 14 事務職(一般)、事務職(手話通訳)、技術職(土木)、技術職(建築)、保育士職、栄養士職

この画面の最初へ

COPYRIGHT (C) 2004- 彩の国さいたま人づくり広域連合